ぇゅのまったりGO

ポケモンGOの攻略情報や京都のグルメ情報、観光スポット紹介などを発信しています!

もちもち美味しい!SSB ころころ甘辛トッポキ食べてみた

f:id:karyaryatsu:20181015205850j:image

本日はエス・エス・ビーから発売されている「ころころ甘辛トッポキ」について紹介します。

スーパーで見つけてどんなものか気になり購入しました。

カップラーメンくらいのサイズの紙カップに入って売られていますが、パッケージを見るとお湯を入れて作るのではなくレンジ調理のようです。

 

 

トッポキを作る

早速中身を見ていきます。

中にはお餅のパックとソースが入っています。

結構たくさん入っていますね。

f:id:karyaryatsu:20181015205912j:image

お餅は国産米を使用していて安心です。

形も箸で持ちやすいように真ん中がくびれてダルマ型になっているのもポイント高いと思います。滑りません。

パッケージによると着色料・保存料・甘味料不使用な商品です。

 

作り方は簡単で中身をカップにあけた後よく混ぜ、600ワットなら2分(500ワットなら2分30秒)レンジでチン!というお手軽調理です。

中身をカップに入れました。

f:id:karyaryatsu:20181025174027j:image

混ぜてレンジでチン!

f:id:karyaryatsu:20181025174104j:image

するとこんな感じに。お餅がふっくら膨らみ、見た目はみたらし団子のようです。

トッポキを食す

早速いただきますと、歯ごたえのしっかりしているお餅の食感が楽しめます。
ソースは甘みはありますがしっかり辛いです。
辛い場合は水で調節してくださいとあるので辛さにそこまで強くなくても大丈夫です。
このソースがなんとも言えず美味しい!
お餅のもちもちで箸が止まりません。ずっと噛んでいたい…くらい美味しかったです。(個人の感想です)
日本のお餅と違って韓国のお餅は柔らかくなりすぎたり溶けたりしないのでしょうか。

食べる間は別段硬くなってしまったりはしませんでしたが、お餅なのでチンした後長時間置くのは良くなさそうです。

原材料

原材料は

【餅(トッポキ)】米(国産)、食塩/酒精、酸味料

【ソース】トマトジュース、砂糖、とうもろこし澱粉、コチュジャン、果糖、りんごピューレ、玉ねぎ、清酒!にんにく、唐辛子粉末、食塩/調味料(アミノ酸等)、(一部に小麦・大豆・りんごを含む)

内容量150g

(餅100g、ソース50g)

 

食品栄養表示(100gあたり)

エネルギー212

タンパク質3.1

脂質0.9

炭水化物47.9

食塩相当量1.45

余談 トッポキとは

ところでトッポキとかトッポギとか言われていますが一体どっちなのか、そもそもどんなものを指すのか調べてみました。

韓国語の「떡볶이」発音としては「トッポッキ」が近いようです。正確には最後のキは濁音ではないようですが、日本人には発音しやすい「トッポキ」と「トッポギ」が普及している(諸説あります)ようです。

意味としては「餅炒め」でもとは朝鮮王朝の宮廷料理で餅と肉や野菜を一緒に炒めたものだったが、現在では庶民的料理になり、コチュジャンと砂糖で餅を甘辛く煮込んだものが主流となっているようです。

 

日本の餅は餅米を使いますが韓国ではうるち米から作った米粉から作るのであまり伸びない弾力のある食感のようです。日本の団子に近いですね。

 

また一つ勉強になりました。

ころころ甘辛トッポキも是非食べてみてください。