ぇゅのまったりGO

ポケモンGOの攻略情報や京都のグルメ情報、観光スポット紹介などを発信しています!

【ポケモンGO】沢田研二氏の公演中止に見るEXレイド中止事件の対応

沢田研二氏の公演が当日中止

2018年10月17日、ジュリーこと、沢田研二氏の公演が当日中止になったニュースがありましたが

最近ポケモンGOでも同じようなことがありましたね。

公演とゲームを比べるなと言われるかもしれませんが、根本的には同じことだと思います。

EXレイド中止に関してはその後の対応が杜撰でかなり批判されていました。

2つの事柄を比べる中でポケモンGOを運営するNiantic社はどう対応すべきだったかを考えていきます。

状況整理

沢田研二氏の公演中止の流れ

当日、会場には既にたくさんのファンが到着していた。

「10月17日のさいたまスーパーアリーナ公演は契約上の問題が発生したため、
急きょ中止させていただくこととなりました」と突然のアナウンス。

会場は大混乱、購入チケットは払い戻すが方法などは後日発表とのこと。

EXレイド中止と対応の流れ

これまでのEXレイドには見られなかった「EXレイドパスが配布されたジムではレイドたまごは出現しなくなる」現象が数日前から発生していた。

にもかかわらず当日までEXレイドキャンセルせず。

当日数時間から1時間前にいきなりEXレイドがキャンセルされる。

キャンセルになったお詫びとしてプレミアムレイドパス2枚とほしのすな1000のみ。

後日運営にクレームを出した人のみ追加でプレミアムレイドパス5枚。 

なおEXレイドパスは該当ジムでレイドをすることで確率でもらえるため、無料と捉えられる。

対応の是非

沢田研二氏の公演中止

当日にファンも会場に来ているのに詳しい理由も語らず一方的に中止という行為が悪質です。

公演が中止になった詳しい理由はここでは語りませんが、少なくとも事前に分かることだったのは確かです。

これではファンは納得しません。

有給休暇をとった人もいるでしょうし、ホテル代や交通費は補填してくれるのでしょうか。

運営側としては事前にこのようなリスクがあることが分かっていたのであれば、
もっと早いうちに対応して一週間前には中止にすべきだったのではないでしょうか。

EXレイド中止

こちらも同様に数日前から疑わしいエラーが発生していたのであれば、エラーの原因を究明し直せないのであれば数日前にはキャンセルするべきだったのではないでしょうか。

当日の対応もひどく、公式Twitterでは具体的な原因は明かさずお詫びの文章と少しのアイテムが配られただけでした。

さすがに今回の対応には運営に批判が相次ぎました。

さらに後日運営にクレームを出した人のみ追加でプレミアムレイドパス5枚を配布するという対応もクレームしたもの勝ちといった感じで、クレームをしなかった人が納得できない形です。

最後に

沢田研二氏の公演中止については今後の誠実な対応を願うばかりです。

ポケモンGOについては、未だにキャンセル要因を明かさず、運営を継続しているNiantic社は早急に情報を開示すべきだと思います。

第二回目からは前回(第一回目)の経験を活かしたのか、当日ではない事前キャンセルが発生したみたいです。

当日はキャンセルもなく無事に決行されたようです。

企業としての信頼を取り戻すためにも、まずはキャンセル要因をユーザーに明らかにしてくれることを強く望みます。

今後もポケモンGOを楽しく気持ちよくプレイしていきたいですね。