ぇゅのまったりGO

ポケモンGOの攻略情報や京都のグルメ情報、観光スポット紹介などを発信しています!

【ポケモンGO】実は危険!ネット上にポケモンGOのSSを載せる行為に注意

スクリーンショットへの注意喚起画像

Twitterをしていてよく思うのが、皆さん平気でポケモンGOのスクリーンショット(以下SS)を載せていることです。

大げさかもしれませんが、そこにはインターネット特有の危険性が潜んでいます。

特にユーザー名、ジムやポケストップの名称をSSで載せている方は要注意です。

なぜ危険なのか、どうするべきなのかを皆さんに知っていただきたく今回は記事にします。

なぜ危険?

ポケモンGOは位置情報を使ったゲームです。

最悪の場合は自宅の住所がバレます。

ネット上にユーザー名とジム/ポケストップ(または場所を特定できるもの)のSSを両方載せることは大変危険です。

「本名でもないしTwitterだって同じことじゃん」そう思うかもしれません。

遠征でもない限り(特に平日)は家の近所または職場の近くでポケモンGOをプレイすることになると思います。

ということはジムやポケストップのSSだけでその人の活動範囲を特定できてしまうのです。

さらにジム防衛やレイドバトル、ルアーモジュールの使用ではユーザー名が表示されるので、あなた自身を特定することはそう難しくはなくなります。

特にレイドバトルではスマートフォンのタップ動作でポケモンGOをしているかそうでないかの見分けがつきやすいです。

具体的にどんな危険性がある?

たとえばあなたはTwitter等SNSで上記SSを載せたと仮定します。

あなたのふとした発言からあなたを憎んだり、逆に好意をもった人(ストーカー)があなたのSSからあなたを特定し接触を図ります。

今年福岡で起きた有名ブロガーと購読者(荒らし)の間に起こった事件をご存じでしょうか。

お互い顔も知らなかったようですがその有名ブロガーが購読者の地元でセミナーを偶然開き、その際に起きた事件だそうです。

顔も知らない、表情も見えない相手とのやりとりは気をつけた方がよいという一例ですね。

ポケモンGOでこのような事案は聞いたことがありませんが、常に最悪の事態を想定していくことが大事です。何かあった後では遅いのですから。

インターネットが普及し始めた頃は個人情報をネット上に載せないことは鉄則でした。

しかし今はその意識が少し薄れているような気がします。

フレンド機能も実は危険?

フレンドにギフトを送れる機能がありますが、ギフトには送った人が入手したポケストップの名称が記されています。

これによりユーザー名、ポケストップ名がフレンドに知られてしまいます。

毎日ギフトを送るとなると必然的に家の近所か職場の近くの同じポケストップから入手したものになるので、行動パターンを容易に推測できます。

よってSNS等で相互フレンドになることはよっぽど信頼できる相手でない限りは避けた方がよいでしょう。

危険を回避するためにどうしていくべきか

SSを載せたい気持ちは私も分かります。

ですが投稿する前に一呼吸置いてみてください。

そのSSがあなたを特定できる要素を含んでいないか改めて考えてみましょう。

インターネットは全世界の人々が見ることができる環境です。

SNSの発言を身内しか見れない設定にしている方以外は上記SSは載せない方がよいです。

SSだけでなく日々の発言も気を付けたほうがよいでしょう。

自分の身は自分で守るしかないのです。