ぇゅのまったりGO

ポケモンGOの攻略情報や京都のグルメ情報、観光スポット紹介などを発信しています!

【ポケモンGO】再確認!マナー遵守の大切さを語る

街中でスマートフォンを持つ手の写真

今回はポケモンGOを日々プレイしている中で思う『マナー』について書いていきたいと思います。

普段マナーを守られている方々も再確認として読んでいただければと思います。

私はポケモンGOというゲームが大好きです。だからこそ周りのプレイヤーのマナーは気になりますし、なにより今後もポケモンGOが続いていくためにはマナーを守らないプレイヤーを減らしていくことが大事だと思うのです。

ポケモンGOってどんなゲーム?

ポケモンGOを知らない方もいらっしゃるかもしれないので、まずはポケモンGOは特にマナーが重視される理由を説明していきます。

ポケモンGOは元々、

Ingress(イングレス)」というスマートフォン向けの拡張現実技術を利用したオンライン位置情報ゲーム

から生まれたものです。

実際にポケモンの世界にいるような感覚で、リアルタイムに様々な場所に出現するポケモンを捕獲するのが醍醐味のゲームです。

いろんな場所を周って強いポケモンや可愛いポケモン、お気に入りのポケモンなどを探し求めるのが他のゲームにはない面白さだと思います。

ですが通常のゲームとは違い公共の場でのプレイが要されるため、他の方々の迷惑になる行為は避けるべきです。ですのでマナーの遵守が必要になってきます。

ポケモンGOを支援してくれている企業

ポケモンGOは実際にプレイヤーが足を運ぶわけですから、集客効果があるわけです。

そんなわけでポケモンGOをスポンサーとして支援し、お金を出してジムやポケストップを設置している企業がいます。

これらの企業のおかげでポケモンGOが長く続いていると言っても過言ではありません。

主に以下のような名の知れた企業が支援してくれています。

マナーの悪さが影響した事例

かつてスポンサー提携されており、ジムになっていたイオングループの『まいばすけっと』が一斉にジムを取りやめてポケストップに変わったという事例があります。一部のプレイヤーが入ってはいけない場所に入ったり、他のお客様の迷惑になる行為をしてきたことにより取りやめざるを得ない結果になったのでしょう。

特に車でのポケ活(ポケモンGOを外でプレイすること)は私も思うところがあります。

レイドをするために車でジム下まで来てそのまま車内でバトルをしている人が見受けられますが、明らかに他の車の迷惑になっていたり、公園だと小さな子たちもたくさんいるので危険だと思う場面があります。

夜中のアイドリング音も近隣の方々の迷惑です。 

また、歩きながらスマホポケモンを捕まえている人たちも危険です。自分が思っている以上に周囲への注意がおろそかになっていて迷惑をかけていることがあります。

最近は特に歩きスマホが騒がれていますので、より注意して外でプレイしなければいけません。 

マナーが悪い人が増え続けるとどうなるか?

プレイヤーのマナーの悪さは、ひいてはポケモンGOへのイメージの悪さにつながります。

昨今では名だたる大企業の不祥事(コンプライアンス違反)が問題化しており、数十万という社員の中でたった1人でも問題を起こすと企業の名に泥を塗ってしまうことになります。

それと同じことで、数万・数十万というポケモンGOプレイヤーの中でたった一人が何か問題を起こすことで以後ポケモンGOを遊べなくなってしまう可能性があるのです。

提携しているスポンサーが撤退してしまうだけではなく、今までの横浜、島根、横須賀等の大きなイベントも開催できなくなる恐れもあります。

遊ぶにも肩身の狭い思いでは純粋に遊べません。

更に、マナーの悪い人に合わせて規制などがされるとゲームの自由度が狭まってしまい面白味が激減するかもしれません。

ゲームのイメージが悪くなると、新規に入ってくる人も減ってしまいゲーム全体の活気が失われていきます。 

最後に

ポケモンGOはリリースされて2年経った今でも多くの人にプレイされており、集客効果も高いことからたくさんの企業から支援を受けています。

プレイヤーの質が悪いことでせっかくの面白いゲームが廃れていく事例をたくさん見てきたこともあり、ポケモンGO自体はとても面白いのでプレイヤーの質によってそれを台無しにしてしまうことだけは避けたいです。

偉そうなことを述べていきましたが、私も常にマナーを守れているとは自信をもって言えません。

文章に残すことで自分自身を戒める気持ちで書いています。

これからもポケモンGOが長く続いていったら良いと心から思います。